…【ピックアップ】━・:*☆…━━━━━・:*☆…━━━━━・:*☆…━━━━━・:*☆

◆【酒粕】当店のこだわりの酒粕についてご紹介しています◆
その1→■CHECK■

その2→■CHECK■

その3→■CHECK■

…【清酒】・:*☆…━━━━━・:*☆…━━━━━・:*☆…━━━━━・:*☆


◆【新規取扱開始】佐賀県 天山酒造「岩の蔵」大分初登場!
天山・七田醸す天山酒造が九州内のみで販売している限定ブランド。
それぞれ個性の違うお酒たちをぜひ味わってみてください◆
詳しくは→■CHECK■


◆【ワイン】山梨県 勝沼醸造「アルガブランカ シリーズ」
日本固有のぶどう品種「甲州種」に特化し、世界でも高く評価されるワインを醸しています。
大分県内 正規取扱店は当店のみ◆
詳しくは→■CHECK■


◆【新規取扱開始】広島県 旭鳳酒造「旭鳳 純にして醇」「旭鳳 氣醸極酒」
広島の米、広島の酵母、広島の水、杜氏 土居亨が氣愛を込めて醸す酒、入荷しました◆
詳しくは→■CHECK■

…━━━━━・:*☆…━━━━━・:*☆…━━━━━・:*☆…━━━━━・:*☆

2012年01月25日

◆【酒粕】大分県 浜嶋酒造『鷹来屋 酒粕』以前は当店の知る人ぞ知る丸田酒舗の隠れ人気商品でしたが、最近は酒粕ブームで入荷してもすぐ品切れになってしまうほど。この浜嶋酒造の酒粕の美味しさの秘密と当店の酒粕へのこだわりをご紹介します。その2◆




さむむさむいっすヾ(;´Д`●)ノ僕は
夏生まれなので(あまり関係ない?
)寒いのは苦手です。うちのトラック
もご機嫌ななめでエンジンがかかり
ません(´ω`。)熱燗、もしくは甘酒
でで温まりたいですな。。。
<<ブログランキング参加中>>






前回の



◆【酒粕】浜嶋酒造の酒粕の美味しさの秘密と

当店の酒粕へのこだわりをご紹介します。その1◆




に引き続き



今回は酒粕の選び方について、すこしご紹介しようと思います(*´∀`)



まず、一口に酒粕と言っても全国の各蔵元、多くの銘柄があるように



実は酒粕もそれと同じ数だけ違いがあります。



・麹米の違い

・精米歩合の違い、

・醸造アルコールを添加しているか していないかの違い、

・搾り方の違い




などなど細かく上げていけばきりがないほど☆



味わいにもそれぞれ違いがあります。



「じゃあなにをどうやって選べばいいのかわからないヾ(;´Д`●)ノ」



そんな声が聞こえてきそうですが、



一番簡単なことは



お近くの酒粕を販売している酒屋さんに



「この酒粕はどんな酒粕ですか?」



と一言聞いてみてください(*´∀`)



このときにどんな用途で使うのかを一緒に伝えることができればベストです☆


・甘酒にしてのみたい

・お味噌汁や料理に少し加えて食べる

・焼いてそのまま食べる

・粕漬けを作る



などなど、この辺をしっかり伝えると酒屋さんもお勧めしやすくなります♪



「甘酒にされるんであればこれがお勧めです!〇〇県の△△酒造の純米大吟醸の酒粕です。

精米歩合が高いのでキメ細かく香りも華やかです。

また槽搾りという搾り方なのでお酒が酒粕の中に多く残っています。

そのため味わいも濃厚で美味しいのですが、アルコールも含んでいるので注意が必要です。

よく火にかけてアルコールを飛ばすか、運転前などはすこし控えてください。

そのかわり寝る前に一杯飲むとぐっすり眠れますよ♪」




↑ こんな風に説明してもらうと、よりわかりやすくないですか(*´∀`)?



丸田酒舗でも近々 甘酒のつくり方や、


ケーキや料理に使うレシピなどもお配りしようと思っております♪



「最近 酒粕が気になる!」



という方はお気軽にご来店ください(*´∀`*)



☆ 鷹来屋の酒粕
☆ 1kg 一袋 500円(税抜)


※ 数量限定




◆丸田酒舗HP◆

◆丸田酒舗モバイルサイト◆


QR赤小.jpg

大分県大分市大字畑中858-1
097-543-5052

1日1クリックお願いします
ぴかぴか(新しい)


にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
blogram投票ボタン
【関連する記事】
posted by 丸田酒舗 二代目 at 12:29| 大分 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ◇ 日本酒 ◇ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナガト 様
お世話になります。
先ほどは電話での説明ありがとうございました。
今回は、しばらく時間をおいてから検討することにしたいと思います。
ありがとうございました。
敬具
Posted by 山下 充 at 2014年07月30日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248407190

この記事へのトラックバック